浮気調査事例紹介

香川県内での浮気調査は21年を越えました。
ほとんどのご夫婦は「離婚」でなく、前向きな「夫婦の関係改善」を選択されています。
もちろん、この結論にいきつくには、相談員と綿密な連携を取り合いながら浮気調査を行った多くの依頼者様の決断があったからにほかなりません。
調査の内容が実感できますように、過去の調査の一部をご紹介させていただきます。

携帯電話のデータから卑猥な浮気の写真を発見

依頼内容

浮気と判断したのは決定的な写真の存在だった。ご主人の携帯のデータの中に、ご主人と浮気相手のみだらな行為が撮影された写真だった。二人の顔はないものの、局部のそれは限りなくご主人のものとおもわれた。

調査報告

休日夫は朝早くから自宅を出ていった。ある道の駅駐車場に向かった夫は、待ち受けていたと思われる浮気相手女性を乗車した。その後二人は程近いラブホテルへ直行し夕刻まで過ごしたことが確認された。依頼者が確認するところ、この浮気相手女性は夫の勤務先の同僚であった。また調査を続けると、ときには仕事帰りにもラブホテルで過ごしていた事が判明した。

長距離運転の果ては・・・

依頼内容

夫はトラック運転手をしている。長距離ドライバーなので出先で宿泊することもあり、ゆえに帰宅しないことも多いという。どちらかといえば性欲の強い夫との性行為も、思い起こせばめっきりになっていた。ここにきて夫が離婚をほのめかすようになり、妻の勘ではあるが浮気を疑うようになったという。

調査報告

数日は帰宅しないと思われる日を重点的に調査する事とした。夫は日中こそ配送にいそしんでいるようだったが、勤務を終えた夕刻になってコンビニ駐車場へ向かった。このまま過ごし続けるかと思われた矢先、浮気相手女性が運転する軽自動車が現れた。夫はこの車両に乗車すると、程近いアパートへ向かい二人で朝まで過ごしたのであった。幾度となく浮気相手のアパートで過ごす夫を確認したところで、依頼者は慰謝料請求を決意なされた。

浮気相手と親しげなライン

依頼内容

依頼者は普段妻が親しそうにラインをしているのが誰なのか気になっていたそうです。あるとき悪いとは思いながらも、妻の携帯電話のラインを覗き見ると、特定の男性と頻繁にラインのやりとりをしている様子でした。その内容は毎日朝夕の挨拶のほかに、キスしたいであるとか、性的な表現が踊っていたといいます。本人に問いただすと二人の冗談だと浮気を完全否定され、その後何も言えなくなってしまったことから調査を依頼されました。

調査報告

夕刻パートを終えた妻は早々と職場を出ると自宅とは反対方向へ走り始めました。そして大型スーパー駐車場へ向かうと、警戒しながらそばに停められていた車両後部座席に乗り込みました。そして運転をするのは妻と同年代の浮気相手男性です。二人は程近いラブホテルへ向かい、以降2時間出てくることはありませんでした。

予約されたラブホテル

依頼内容

依頼者は普段妻が親しそうにラインをしているのが誰なのか気になっていたそうです。あるとき悪いとは思いながらも、妻の携帯電話のラインを覗き見ると、特定の男性と頻繁にラインのやりとりをしている様子でした。その内容は毎日朝夕の挨拶のほかに、キスしたいであるとか、性的な表現が踊っていたといいます。本人に問いただすと二人の冗談だと浮気を完全否定され、その後何も言えなくなってしまったことから調査を依頼されました。

調査報告

夕刻パートを終えた妻は早々と職場を出ると自宅とは反対方向へ走り始めました。そして大型スーパー駐車場へ向かうと、警戒しながらそばに停められていた車両後部座席に
乗り込みました。そして運転をするのは妻と同年代の浮気相手男性です。二人は程近いラブホテルへ向かい、以降2時間出てくることはありませんでした。

出張と称して浮気相手女性と・・・?

依頼内容

夫の財布から県外の某有名ホテルのレシートが出てきた。夫は仕事で宿泊をともなうことがあるもののビジネスホテルばかりでこうした有名ホテルを使用することはない。さらにいえばこの有名ホテルのある県へ行くこともまずないものと思われた。
不審ではあるとは思うものの、このときだけは思い過ごしと見過ごすつもりであったが、今までかけたこともない携帯電話へロックをかけていたり、コソコソとメールをしている様子を確認したところで、ありのままをみてみようと素行調査を依頼された。

調査報告

宿泊をともなう出張の日を調査したいところではあったが、宿泊先そのものが嘘である可能性や、ましてや飛行機などの交通機関を使用することも多く、調査そのものを断念せざるを得ない状況がある為、夫の勤務終了後から帰宅するまでを辛抱強く監視する事とした。
調査を始めて3日後、夫から今日は飲み会があると仕事先から急に連絡が入った。勤務を終えた夫は繁華街へ向かうと知人女性と合流し飲食店で食事を始める。その後店を出てきた夫達は近くのスナックへ入っていった。状況から飲食店に勤務する女性との同伴と思われた。依頼者にお聞きするところ夫の仕事の性質上、接待など普段から飲み会などは多いという。夫及びスナックに勤務する女性に焦点を合わせた調査を行うところ、夫と女性は頻繁に接触し、ときに夫は出張と称して浮気相手女性と県外旅行にも出かけ、ホテルの一室で同泊している事などが判明した。

依頼者に届いた怪文書の実態

依頼内容

妻が浮気など微塵も感じらないが、ある日誰からともなく妻が会社で不倫をしているという手紙が届いた。1回だけならいたずらで片付けようとしたが、2回目は丁寧にも妻と浮気相手が手を繋いでいる写真が同封されてきた。写真の合成も考えられるため、依頼者は真実を知るために調査を依頼された。

調査報告

幾日か調査を続けるも妻は会社と自宅の通勤を繰り返すばかりでした。そろそろ怪文書もいたずらかと思い始めたとき、勤務を終えた妻は最寄りの空港へ向かいます。そこでスーツ姿の男性を乗車させ市内のビジネスホテルへ送り届けました。その後は本人もこの男性のチェックインした室内へ入っていったのでした。その後3時間程度過ごした後妻は帰宅したのでした。翌日も妻はこの男性のホテルを訪れ数時間過ごしていました。数日ホテルに滞在した男性は再び妻に空港へ送り届けられ『大阪行き』に搭乗したのでした。その後の調査でこの浮気相手男性は妻の会社の親会社に所属する男性であり、妻子ある男性であることが判明しました。

ある日突然、離婚の申し出が・・・

依頼内容

依頼者と夫とは平凡ながらも仲のいい夫婦でした。大きな喧嘩もなくどちらかが浮気をしたこともありません。ある日夫から離婚をしたいと申し出がありました。心当たりがない依頼者は大変驚愕したといいます。そうこうするうちに夫は荷物をまとめて家を出ていきました。『私が悪いことをしたのかしら』『自殺でもするつもり?』いろんな事を考えた挙句に素行調査を依頼されました。

調査報告

夫がどこで生活を始めたのかが分からないため、生活の実態を把握しなければなりません。勤務明けの夫の調査を開始しました。勤務を終えた夫は程近いマンスリーアパートへ入りました。夫の新しい住居に間違いはなさそうです。その後も調査を続けた数日後。夫の自宅に入る一人の女性を確認しました。この女性は朝になって夫と一緒に出てくるまでこの部屋で過ごした事が確認されました。後日この女性は夫が勤務する社内食堂で働く女性であると判明しました。

営業で出かけた夜の不穏な行動

依頼内容

依頼者の夫は35歳。田舎で海産物の養殖を生業としています。時折、仕事仲間達と営業も兼ねて都市部へ出かけ数泊します。夫と連絡を取ろうとした依頼者でしたが、なぜか連絡が取れませんでした。いつもなら営業を終えると、仕事仲間達と夕食を兼ねて飲んでいるはずなのですが、しかたなく仕事仲間に連絡を取ると夫はいないと言います。さらには宿泊ホテルも一緒ではないという事でした。この日だけならたまたまとも言えるでしょうが、幾日かあったといいます。さらに夫が仲間達と一緒にいたと嘘をついたことが浮気調査への始まりでした。

調査報告

夕刻までは仲間達と営業している様子の夫でした。しかし営業を終えた夫は仲間達と別れると、あるアパートへ直行します。その後このアパートから出てきたのは夫と幼い男児を連れた浮気相手女性でした。二人と男児は外食を済ませると、再びアパートへ戻り、朝まで出てきませんでした。この男児が夫の子供であるというような事実はありませんでしたが、こうした行動を夫は繰り返している事が確認されました。

ある日、弁護士から理不尽な一通の文書が妻のもとへ

依頼内容

依頼者・妻55歳 調査対象者・夫56歳
ある日突然、弁護士から妻宛に一通の文書が送られてきました。「今後一切夫と会うことも、連絡を取ることもしないで欲しい」という旨の内容でした。そして、それから夫は一切自宅に戻ることもなくなったのです。妻にとっては、まさに晴天の霹靂。理由も何もまったくわからない状況でした。
当社に相談に来られ話を聞いているうちに、夫の年齢、行動パターンからして浮気相手がいると相談員は確信し、調査を開始することになりました。

調査報告

調査に入ると、勤務を終えた夫が向かったのは、とあるレンタルーレーム。
月貸しも可能な一人暮らし用の物件で、ここが夫の新居と思われました。数日間はこの新居と勤務先の往復だけで、女性と落ち合うことも、何もありませんでしたが、ある日、夫の帰宅後、その部屋を訪問する女性が確認されたのです。二人は朝まで一緒に過ごしました。
二人のこうした状況を何度か証拠として捉えた直後のこと。夫が急病で倒れ、命に別状はないものの長期入院を強いられることになりました。
依頼者である妻は、こうした状況になる前に証拠を固めることができた事に胸をなでおろされました。

浮気相手の息子と3人、リビングでくつろぐ妻に唖然

依頼内容

依頼者・夫55歳 調査対象者・妻50歳
あいまいな理由をつけては家を出ていくことが多くなった妻。そのまま長時間帰宅しないこともしばしば。夫が問いただすと、「離婚」の意志をちらつかせながらヒステリックに怒り始めるという日々。夫は妻の浮気に半信半疑でありながらも、当社に相談に来られました。

調査報告

半信半疑の夫に対し、相談員は浮気を確信。相談の結果、調査を開始することになりました。
調査初日、自宅を出た妻は、ある一軒家に向い、慣れた様子で車庫に駐車しました。家には看板が掛かっていて、この男性が自営業であることが確認されました。ここには高校生の息子も同居していて、妻はこの男性の仕事を手伝っているだけかも知れないとも思われたのですが、調査を続けていくと、妻はこの家の台所で調理をし、二人に手料理を振る舞い、その後リビングで楽しそうに寛いでいることも確認しました。
そして、夜半には納入品の配送と男性と共に手伝い、その帰り道にラブホテルへ向かいました。
夫は、家庭を顧みない妻の実情にため息ばかりでした。

複数の浮気相手と関係を持った妻の裏切り

依頼内容

依頼者・夫33歳 調査対象者・妻32歳
妻は繁華街にあるスナックでホステスをしています。夫は妻のメールやラインなどから男の影を疑いはじめ、少し帰宅時間が遅くなるという週末に浮気調査を依頼されました。

調査報告

深夜勤務明けした妻は人気のない公園の駐車場へ向かいます。ここで待ち受けていたのは軽自動車に乗車する知人男性でした。妻はこの男性の車両に乗車すると程近いラブホテルへ直行したのでした。その後もこの男性との不貞をおさえるべく調査を続けますが、しばらくして接触したのは別の男性であり、この男性ともラブホテルで不貞に及んでいることが判明しました。

掃除嫌いの妻が掃除を始めた、それは浮気相手を迎え入れる為?!

依頼内容

依頼者・夫43歳 調査対象者・妻36歳
急によそよそしくなり、妻からふっかけられる喧嘩が増え、さらに隠れて電話やメールをしている…明らかに疑わしいと感じた夫からの依頼です。掃除は滅多にしない妻が急に家の掃除をし始めたことも、夫にとっては不自然だったようです。

調査報告

パート先を出た妻は急ぎ早に、ある一軒家に向かいました。一見家族が住む一軒家。数時間後、その家を出た妻は明らかに年下とみられる男性に見送られながら帰っていきました。
またある日には自宅近くのスーパー駐車場で浮気相手と合流し、なんと夫と住む自宅へ招き入れ不貞行為に至っていたのです。この男性は妻のパート先のパート仲間でした。

交通事故で4800万円の保険金。夫は金遣いが荒くなり、さらに離婚を要求

依頼内容

依頼者・妻32歳 調査対象者・夫34歳
交通事故で身体障害者になり4800万円の保険金が入ったことから、34歳の夫は飲みに行ったり、パチンコに興じたり、新車を購入するなど金遣いが荒くなりました。
そんなある日、「保険金を半分に分けて離婚して欲しい」と突然夫が言い始めたのです。
妻は浮気を疑い相談の上、調査依頼をされました。

調査報告

休日、自宅を後にした夫は隣接した県外に向かいました。
ドライブをしているものと思われた矢先、あるホームセンター駐車場へ停車。そこに現れた女性を乗せ、ドライブを始めました。
調査を続けていくと、夫はこの女性と頻繁に会い、ラブホテルでの逢瀬を繰り返しており、浮気女性は夫が通うキャバクラに勤めていた従業員であったことが判明しました。

あられもない妻の姿の画像を入手した夫からの調査依頼

依頼内容

依頼者・夫35歳 調査対象者・妻33歳
夫が来社時に持ち込んだ画像からは、妻の浮気は疑う余地のないものでした。
ラブホテルの一室と思われる部屋でレンタルと思われるメイド風エプロンをかけ、裸でコスプレをする姿、裸で女子高校生風のコスプレをする姿、さらに極めつけはお互いの秘部が移された画像でした。
これらによって、幾度となく関係が続いていることも明らかでした。

調査報告

証拠固めと相手の男性の確定が調査の目的です。
妻は、とあるスーパーで浮気相手の男性と落ち合うと、すぐに隣にあるラブホテルに向かいました。
二人は数時間共に過ごした後、ラブホテルを後にしました。
その後の調査で、二人は頻繁に同様の行為を繰り返していることが判明しました。

妻のカン通り、再び始まっていた不貞行為

依頼内容

依頼者・妻30歳 調査対象者・夫32歳
ある日知人から「ご主人が勤務先の女性と浮気している」と妻に情報が伝えられました。
相手の女性宅は夫婦の自宅と近くにあり、夜な夜な、夫は浮気相手の女性宅へと通っているというのです。
夜でも緊急な用と告げ自宅を出ていくことはしばしば。
妻は、夫の仕事上、仕方のないことと納得して送り出していました。

調査報告

調査を開始すると、情報通り、夫は夜半自宅を出て慣れた様子で浮気相手の女性宅へ向かいました。
そのまま数時間過ごし、朝方支度へ戻るという行動を繰り返しました。
証拠を揃え、弁護士を通じてやり取りと行い、今後二人は不倫関係を断ち切るという約束を交わしました。
これで一件落着と妻も落ち着きを取り戻したのですが、その妻が数ヶ月後に当社に来社されたのです。
妻は「絶対、まだ続いている。私のカンです」と言い、再度調査を依頼。
すると、妻のカン通り、夫は皆が完全に寝静まった深夜に自宅を出て、迎えにきた浮気相手の女性が運転する車に乗り込み、そのまま近くのラブホテルに向かいました。
二人は短時間の逢瀬を終え自宅へ戻るという不定行為を行っていました。
もちろん、その後弁護士を交えた、より厳しい話し合い進展したことは言うまでもありません。

妻から突然離婚の申し出。やはり男性の影。

依頼内容

中学時代に妻が住んでいた地域に引っ越してからの出来事でした。 妻から突然離婚の申し出があり、週に1、2度は夜中まで帰宅しません。
最初は夫の両親が相談に見えられたのですが、状況がハッキリと把握できないため夫自身が相談に来ていただけないか、と申し出ました。そして、夫の口から状況を聞くことができ、妻の浮気が中学時代の同級生であるという確信のもと調査依頼を受けました。

調査報告

妻は、2歳の子供を連れ、車で中学時代の同級生宅であるマンションを訪れ、深夜まで男性と共に過ごす行動を週に2度のペースで行っていました。

彼の態度に不審なところがあり、このまま結婚してもいいものか・・

依頼内容

「調査してもらって、彼の実態が判ったら、きっぱりと別れられると思うんです。」相談室の椅子にちょこんと腰掛けた小柄でかわいらしい女性が今回の相談者、K子さんは会社にやって来られるまでに何度もメール(当社ホームページのメール相談)でお話していた27歳のOL(独身)。
彼女は3年前から付き合っている彼の態度に不信なところがあり、このまま結婚していいものか悩んでいるとのことだった。
私は彼女に「結婚前からあなたを不安にさせる彼氏は、もう既に彼氏としては失格だし、相談内容から判断して調査したところで悪い結果が出るのは目に見えていますよ。」とアドバイスした。
一旦はそんな彼と別れる決意をしたK子さんだったが、どうしても思い切ることが出来ず・・・。

調査報告

彼にはやはり、もう一人の女性がいた。
しかも半同棲状態である事が判った。
「やっぱり・・・」想像していたとはいえ、実態を映した映像を見た彼女はひどくショックを受けていた。

夜のアルバイトを始めた夫。女の勘が浮気を的中。

依頼内容

調査する夫は37歳で子供が一人。妻の勤務は変則で夜勤の日もあります。過去に夫は、妻の夜勤に合わせて女性を連れ込んだ形跡がありました。妻は友人を招きいれたのかなと自分を納得させようとしていましたが、最近夫は日中の仕事に加え夜のアルバイトを始め、またアルバイトと称して明け方まで帰宅しない日も目立ち始めました。妻として、また女の勘で夫の言動や行動から浮気を疑い、調査を行うこととしました。

調査報告

調査初日は夫が夜のアルバイトに入る日です。当然夫はアルバイト先に向かうであろうと思われたのですが、夫はある海岸の駐車場にて女性と接触し、その後車内で遅くまで過ごした後、帰宅しました。さらにある時は、アルバイトを終えた後早々とこの女性の住む自宅へ行き明け方まで過ごすといった日々を繰り返していました。後の調査によりこの女性は夫の勤務先の事務員で、夫とかなり以前から付き合いが続いていたことが判明しました。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-167-140

受付時間:7:00~22:00
定休日:なし
※フォーム問合せは24時間受付中